2010年10月30日

ベリーダンスの衣装選び

ベリーダンスとは、アラブを代表するエキゾチック・ダンス。


 ベリーダンスの特徴としては、独特の腰の動きに加え、その衣装のゴージャスさが挙げられます!


 ベリーダンスは見て楽しむだけではなく、その腹部の動きから、健康にも良いということで、近年先進諸国で注目されているダンスの一つです。日本でもベリーダンス人口は増加しているようで、ベリーダンスの衣装の専門店も増えてきました。


 ベリーダンスの衣装は、ネット通販などで簡単に手に入れることができます。ベリーダンスの衣装は、本当にきらびやかで美しいものが多いので、女性なら一度は着てみたいと思うのでは?


 ベリーダンスの衣装は、腹部・腰部を露出するものがメインなので、プロポーションに自信がある人でないと、抵抗を感じるかもしれません。でも、体は人目にさらされることでキレイになっていくもの(恋をすると美しくなるのも、相手の視線を意識するからです)。自信のない方も、思い切ってベリーダンスの衣装を身に着けてみませんか?
posted by dncerr at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

ベリーダンスの衣装

ベリーダンスとは、腰をくねらせるのが特徴的なアラブのエキゾチックなダンス。


 ベリーダンスのこうした特徴から、ベリーダンスの衣装も、腰の部分を強調するつくりになっています。


 ベリーダンスの衣装の基本的な構造としては、丈の短い上衣(もしくはブラジャー)と、腰部をゴージャスに見せるためのコインやビーズといった装飾品の付いたスカートやスカーフからなっています。つまり、腰を露出させながらも美しく飾って、衣装をきらめかせながら踊るわけですね。


 ベリーダンスの衣装は、本当にゴージャスです。以下のベリーダンス衣装専門店はほんの一例ですが、どの衣装もとても美しいので、ぜひ一度のぞいてみてください。



ベリーダンス用品 オンラインショップ IKIZ

http://www.ikiz.org/


ベリーダンス専門店 チーパオ

http://www.chi-pao.com/
posted by dncerr at 23:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

サンバを踊ろう!

サンバを聴いていると、その激しいリズムに、思わず体が動き出してしまいますね。激しいダンスは、ストレス解消にもなりますから、ふだん鬱憤(うっぷん)がたまっている方は、サンバを踊ってみてはいかがでしょう。


 サンバに限らず、本来ダンスというものは、自己流でもかまわないわけですが、「少しでも上手くなりたい」というのが人間というもの。サンバを本格的に習いたかったら、サンバスクールに通うのが手っ取り早い上達の道でしょう。


 サンバスクールが近所にないという方は、教則DVDなどを利用してもいいでしょうが、サンバを学ぶからには、やはり実際にカーニバルなどでも踊りたいところ。本当はリオのカーニバルに行けたらいいのでしょうが、それがムリなら、リオのカーニバルを模した「浅草サンバカーニバル」などに参加してみてはいかがでしょう?
posted by dncerr at 23:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

サンバとは

サンバ(samba:ポルトガル語)とは、ブラジルのアフリカ系住民から生まれた、4分の2拍子のテンポの速い舞踏音楽およびそのリズムを指します。ちなみに、アルゼンチンのサンバ(zamba:スペイン語)は、これとは別の緩やかな曲です。


 サンバで有名なのは、やはりリオのカーニバル。このときのために、カーニバルの参加者たちはサンバスクールに通うほど。だからリオ市内だけでも数百のサンバスクールがありますし、実際リオのカーニバルは、サンバスクールのパレードによる競争です。ちょっと日本とは比べ物にならないようなテンションですね。


 サンバは、日本ではまだまだ激しく誤解されています。たとえば「お嫁サンバ」「マツケンサンバ」などは、本来のサンバとは全く違う音楽ですから、皆さん勘違いなさいませんよう……。
posted by dncerr at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

フラダンスと精神性

フラダンスは、ハワイの先住民の間に古くから伝わる、祭祀および歴史の口頭伝承のための踊りです。フラダンスは、本来は神聖なもので、決して観光客のための見世物ではありません。


 フラダンスは、各国で先住民族の文化が見直されている昨今では、その動きはもちろんのこと、フラダンスの背景にある精神性までが見直されてきています。日本でも、単に健康や美容のためだけではなく、精神性を向上させるためにフラダンスを学ぼうという人が徐々に増えてきています。


 フラダンスに精神性を求めるならば、単なるフラダンススクールでは不十分。フラダンスの正式な呼称は「フラ」なので、せめてフラダンスを「フラ」と呼ぶようなスクールを探したいですね。
posted by dncerr at 23:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

フラダンスとは

フラダンスとは、言わずと知れた手・足や腰をゆらゆら動かして踊る、ハワイの伝統的なダンス。よく忘年会などで、酔っ払ったオジさんが、腰ミノ姿でフラダンスなんてやってますね〜……って、こんなイメージが先行してしまったことが、フラダンスの本当の姿がなかなか社会的に理解されない原因なんでしょうか(トホホ)。


 フラダンスは、元来は娯楽や観光客のための踊りではなく、ハワイの伝説にもうたわれている、宗教儀式に欠かせない神聖なダンスなのです。


 フラダンスという名も、正確には正しい呼び方ではありません。フラダンスは本来は「フラ」と呼び、この「フラ」の中に「ダンス」「演奏」「詠唱」「歌唱」の意味も含まれているのです。そのため、近年では日本国内でも、フラダンスを「フラ」と正しく呼ぶ動きが出てきています。
posted by dncerr at 23:08| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

レゲエダンスを習いたい!

レゲエは人気のある音楽のジャンルですから、当然レゲエダンスを習いたいと思う方も多いと思います。


 レゲエダンスを習いたいなら、やっぱりレゲエダンスのスクールですね。レゲエダンスはレゲエ同様人気がありますから、レゲエダンスを教えてくれるスクールを探すのも、そう難しいことではありません。


 レゲエダンスに限ったことではありませんが、ダンススクールの難点は、都市部に集中していること。地方の方は、レゲエダンスを習いたくても、通えるスクールがないかもしれません。そんな方は、教則DVDを使って自宅でレゲエダンスを学ぶこともできると思います。良いDVDを選べば、クラブで本当に使えるレゲエダンスをマスターすることも可能ですよ。
posted by dncerr at 23:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

レゲエダンスとは

レゲエとは、アメリカのリズム&ブルースなどの影響を受けた、ジャマイカの大衆音楽です。レゲエの特徴はそのリズムで、「バックビート(裏打ち)」と呼ばれる、2、4拍にアクセントを置いたものになっています。


 レゲエの種類としては、「ロック・ステディ」「ラバーズ・ロック」「ラッガ」「ダンスホール」などがあります。


 レゲエの音楽に合わせて踊るダンスが「レゲエダンス」と呼ばれるもの。レゲエ音楽発祥の地であるジャマイカのクラブで、地元の女性たちがレゲエに合わせて官能的に踊ったことに端を発して広まったダンスのようです。


 レゲエダンスは、その後、ヒップホップダンスとミックスされるかたちで発展し、全世界にも広まりました。
posted by dncerr at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

フォークダンスを習おう

フォークダンスは、日本では小中学校の授業(時には高校の授業でも)で習うものですが、本来の意味は、世界各国の土着のダンスです。


 フォークダンスは、子供のお遊戯にとどまるものではありません。大人だってちゃんと楽しめるものなんです。そして、さすが日本、フォークダンスのスクールやサークルさえ、ちゃんと存在します。


 フォークダンスは、よく考えてみたら、他のダンスと比べると、結構親しみやすいのではないでしょうか。超絶的なテクニックが必要なわけでもありませんし、健康にも良さそうですね。フォークダンスのこうした側面が、中高年の方の間での静かなブームを引き起こしている一因なのかもしれません。


 フォークダンス、思春期を過ぎた方なら、思ったより素直に踊れるかもしれませんね。
posted by dncerr at 23:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

フォークダンスとは

「フォークダンス」と聞くと、甘酸っぱい思い出(笑)が甦ってくる人も多いのではないでしょうか? 特に異性を意識し始める第二次性徴期の頃などは、フォークダンスの際にいろいろ複雑な思いをしたのでは?


 フォークダンスは、日本ではそんなとらえられ方をしていますが、本来は世界各地で踊られる土着の踊りの総称です。日本で親しまれているフォークダンスの曲も、実はいろいろな国の民謡なんですよ。


 有名なフォークダンス曲の例としては、


・マイム・マイム:イスラエルの民謡

・ジェンカ:フィンランドの民謡

・コロブチカ:ロシアの民謡

・オクラホマミキサー:アメリカ・オクラホマ州の民謡。「わらのなかの七面鳥」といえばわかる方も多いのでは?


 フォークダンスは、こうして見ると、決してイカガワシイもの(笑)じゃないんですが、日本ではついついそういう目で見られてしまうのは、やはり小学校から高校までの思い出のせいでなんでしょうかねえ……。
posted by dncerr at 23:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。