2011年02月27日

ベリーダンスとは

ベリーダンスとは西洋の造語で、エジプトやトルコなど、アラブ諸国で発展したダンススタイルを指します。主に女性が腹部や腰をくねらせて踊ることから「Belly(腹部)Dance」と呼ばれるようになり、アメリカやヨーロッパでショーダンスとして発達しました。


 ベリーダンスの別名としては「オリエンタル・ダンス」「ダンス・オリエンタル」「エキゾチック・オリエンタルダンス」「オリエンタル・ベリーダンス」などがあります。ただし、ベリーダンスは、アラビア語では「ラクス・シャルキー(Raqs Sharqi/『東方の踊り』の意)」と呼ばれています。


 ベリーダンスの特徴は、前述のように、腰や腹の動きにあります。このベリーダンスの特徴から、先進諸国では、ベリーダンスは単に見て楽しむものにとどまらず、健康を増進するという目的でも注目されています。
posted by dncerr at 23:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

タンゴを習う

タンゴは舞曲であると同時に、その曲に合わせて踊るダンスをも指します。


 タンゴを聴くことは、わたしも好きなのですが、このリズミカルな曲を聴いていると、自然に体が動き出し、踊りたくなってしまうから不思議なもの。日本でもタンゴを踊りたいと考える人が多いのも、当然のことかもしれません――やはりタンゴは、人間の本能から生まれたダンスなのでしょう。


 タンゴを本格的に習うなら、やはり「タンゴスクール」。ダンスに関しては、どんなスクールでもあると言われる日本ですから、タンゴスクールもすぐに見つかります。家の近くにタンゴ専門のダンススクールがある方は、こういったところでタンゴを習うといいかと思います。


 タンゴスクールが家の近くにない人は、教則DVDはいかがでしょう。基本のステップから、親切に教えてくれますよ。
posted by dncerr at 00:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

タンゴとは

タンゴとは、スペインを発祥の地とし、19世紀半ばにアルゼンチン・ブエノスアイレス近郊で発達した、4分の2拍子または8分の4拍子の舞曲。大きく分けて、アルゼンチンタンゴと、ヨーロッパ風にアレンジされたコンチネンタルタンゴの2種類があります。


 タンゴは舞曲ですが、この舞曲に合わせて踊るダンスもまた「タンゴ」と呼ばれます。タンゴは元々、男性一人の踊りでしたが、20世紀初頭に社交ダンス(男女が一組になってするダンス)として欧米に普及しました。


 タンゴの特徴は、その鋭いスタッカート。そのタンゴに合わせて踊るダンスも、やはり歯切れの良い、情熱的なもの。元々はアルゼンチンの移民のフラストレーションのはけ口として発達したダンスと言われています。


 タンゴのこうした背景を考えると、タンゴはストレスの解消にうってつけかもしれませんね。
posted by dncerr at 23:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

タップダンスを習う

タップダンスは、靴底をリズミカルに鳴らして踊るダンスで、見ていてもとても楽しいものです。人間は、見て楽しいものは、自分でもやってみたくなるもの。タップダンスを習いたいと思う人が出るのも、当然のことといえるでしょう。


 ダンススクールと称するものが溢れ返っている日本のこと。タップダンスのスクールも例外ではありません。本格的にタップダンスを習いたい人は、こうしたタップダンススクールを選ぶといいでしょう。


 タップダンススクールが遠方にあって通えない方や、「スクールに行くのはちょっと」という人のためには、タップダンスの教則DVDなるものもあります。これならおうちでもタップダンスが学べますね。
posted by dncerr at 23:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

タップダンスとは

タップダンスとは、靴の爪先とかかとをリズミカルに床に叩き付け、音を鳴らしながら踊る、アメリカ生まれのダンスです。


 タップダンスにはいくつかのステップの種類があり、それぞれ「ブラッシュ」「フラップ」「シャフル」「ボールチェンジ」「クランプロール」と呼ばれています。


 タップダンスの起源は、アフリカのダンスや、イギリスおよびアイルランドの木靴のダンスなど。これらはアメリカ南部の奴隷たちの間で親しまれているうちに次第に交じり合い、19世紀初めには「バック・アンド・ウイング」「クロッギング」などといった、皮底の靴でおどるダンスが生まれました。


 タップダンスの前身である、これらのダンスが舞台で演じられるようになってまもなく、皮底の靴にタップと呼ばれる金属板が付けられるようになりました。ここに至って、ほぼ現在のタップダンスに近い形が完成したのです。
posted by dncerr at 23:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

ダンス始めるならダンススクールや教室、スタジオがお奨めです

ダンスを習うなら、ダンススクールやダンス教室、ダンススタジオに通うのが一番早道です。


ダンスの中には、ヒップホップなどのように、特にきまりもなくすべてが自己流というダンスもありますが、それでも基本となるステップはあるものです。


ダンスのレッスンのプロは、生徒の個性や体力を考えて、その人にもっとも適した練習で上達させてくれます。


ダンスがいくらうまくても、教えるのはまた別で、相手のことを考えずに自分の踊りをおしつけるだけになりがちなパターンはよくあることです。ダンスのプロに習うほうが無理なくダンスの上達を得ることができます。


ダンスを一人でやっていて自分ではわからない癖や傾向を先生にチェックしてもらえるのもダンス教室の利点。ダンス教室をうまく活用して無理なく上達していきたいものですね。
posted by dncerr at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

ダンススクール、ダンス教室、ダンススタジオのいろいろ

ダンスのジャンルがどんどん広がりつつある現在、ダンスのさまざまなジャンルに合わせて、たくさんのダンススクールや教室、スタジオが普及しつつあります。


ダンスのうち、特定のダンスだけを教えているスクールや教室、有名ダンサーや振り付け師が講師や経営をしているダンススタジオもありますが、社交ダンス、日本舞踊、ヒップホップダンスなどを総合的に教えている総合ダンススクールも意外と多くあります。


ダンススクールや教室、スタジオでは、年齢によってクラスを分けたり、趣味なのかプロ指向なのかによってもクラスを分けているところもありますので、それぞれの目的・嗜好に合わせたクラスがあるダンススクールや教室、スタジオを選びましょう。
posted by dncerr at 23:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

ダンスの振り付け師

振り付け師とは、ダンスの振り付けを考える人のことです。


ダンスにおいては、振り付け師は本来裏方のはずですが、最近では、そのキャラクターが受けて、テレビのバラエティー番組にレギュラー出演したり、ドラマに出演する振り付け師も増えています。


振り付け師の中でも有名なのは、KABAちゃん。SMAPの振り付けをしたことで有名でしたが、「オネエコトバ」を話すオカマキャラも受けて、バラエティー番組で大受けしています。


振り付け師兼ダンサーでもある真島茂樹は、松平健の「マツケンサンバU」の振り付け師としても有名ですが、松平健のコンサートにおいては、欠かせないダンサーの一人でもあります。


ダンスが日本人の生活においてますます身近になりつつある現代においては、振り付け師自体も注目され、彼らがメディアに出演する機会はこれからも増えていきそうです。
posted by dncerr at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。