2011年09月30日

ソフトテニスの歴史

ソフトテニスは、1884年、最初の日本人体操教師である坪井玄道(つぼいげんどう)が、ゴムボールでするテニスを考案したのが起こりとされています。坪井玄道のゴムボールによるローンテニスの指導によって、ソフトテニスが広まることになりました。


 最初のソフトテニスのルールがつくられたのは、1904年。

 大学でのテニスは硬式へと移行したものの、社会人や女性によって、ソフトテニスが人気を博します。


 日本軟球協会が1924年、日本軟式庭球連盟が1926年に設立され、両者は1928年に統一されたのち、1933年には日本軟式庭球連盟として再スタートします。

 第二次世界大戦中は物資がとぼしく、ソフトテニス界は低迷したものの、戦後復興とともに、ソフトテニスも隆盛をとげます。


 伝統ある国産スポーツのひとつで、全国の愛好家は700万人ともいわれ、学校の部活としても、ソフトテニス部は長い歴史を誇っています。


 ソフトテニスは、軟式テニスと呼ばれていましたが、1992年、ルールの改定にともない、改称されました。また、ダブルスが主流でしたが、1993年には、シングルスも正式導入されました。


 いまでは、アジアを中心に、ソフトテニスの国際大会も開かれるようになっています。
posted by dncerr at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。