2011年10月12日

テニスの歴史

テニスの歴史は、紀元前15世紀ごろのエジプトの壁画に源流を確認することができるといわれ、4000年前のエジプトには、ボールや今のラケットに似たものがあったとされています。

 この球技は、古代ローマ帝国でもおこなわれていたそうです。


 8世紀フランスでは、ラ・ソーユと呼ばれる球技が起こり、11世紀以降、中世フランスの修道院では、「ジュ・ド・ポーム(手のひらゲーム)」という、文字どおりの手のひらを使ったゲームが隆盛しました。

 イスラム教徒が宗教的行為としておこなっていたものを、キリスト教徒が模倣をしたといわれています。

 その頃は、手のひらや手袋でボールを打ち合っており、現在のラケットの原型が登場したのは、14世紀のイタリアであるといわれています。

 初の国際大会は、1505年に開催されました。

 ヴェルサイユ宮殿にはテニスコートがあり、フランス革命直前1789年6月20日の「テニスコートの誓い」は、歴史的に有名な事件として知られています。


 現在のような形のテニスの歴史は、1873年12月、イギリスのウォルター・クロプトン・ウイングフィールド少佐が「ローンテニス」というパンフレットを作成・発表したことに由来します。彼は、1874年2月23日、このゲームに3年の特許を取り、テニス用具セットも販売しました。


 またたく間に広まったローンテニスの競技は、その後、改良が加えられ、そして、1877年には、第1回ウィンブルドン大会が開催されました。

 その後、1881年に全米のシングルス選手権、1891年には、フランス選手権、1905年にはオーストラレーシア選手権が開催され、世界的な競技となっています。
posted by dncerr at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。