2011年10月18日

テニスの歴史に残るプレーヤー

テニスの歴史に残るプレーヤーといえば、ドイツのシュテフィ・グラフ。

 1988年、テニス四大大会のほか、オリンピックでも金メダルを獲得、ゴールデン・スラムと呼ばれる偉業をなしとげました。


 年間グランドスラム(テニス四大大会優勝)を最初になしとげた男子プレーヤーは、1938年のドン・バッジ。女子では、1953年のモーリーン・コノリー。どちらもアメリカの選手で、テニスの歴史に残る業績を残しています。


 国際テニス殿堂入りをした、ビョルン・ボルグや、ジョン・マッケンローなども忘れられないでしょう。


 日本のテニスの歴史に残るプレーヤーといえば、1920年(大正9年)にアントワープ五輪で銀となった熊谷一弥(くまがい・いちや)。

 佐藤次郎は、1933(昭和8)年、世界ランキング3位に認定されています。

 伊達公子(だて・きみこ)も世界で記録を残したのは記憶に新しいところで、シュテフィ・グラフとの激戦など、日本のテニスの歴史に名を残すプレーヤーとなりました。
posted by dncerr at 23:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。