2011年10月24日

テニスのランキング

テニスのランキングは、ATP(男子プロテニス協会)・WTA(世界女子プロテニス協会)が、各大会ごとに決められたポイントの獲得をもとに、決定しています。どちらも、1975年から、コンピュータランキングを導入しています。


 テニスのランキング発表は、1週間ごとにあります。ということは、毎週世界のどこかで行われている試合に参加しなければ、ランキングが上がらないということになります。とはいえ、ポイントを獲得できる大会数は限られているため、大きな大会でポイントを上げることが、ランキングを上げることにつながるといいます。


 テニスの世界ランキング1位最長保持記録者は、男子では286週のピート・サンプラス、女子では377週のシュテフィ・グラフがトップです。

 男子歴代2位は、イワン・レンドルの279週、男子歴代3位は、ジミー・コナーズの268週。1年は52週なので、シュテフィ・グラフの記録がケタ違いのランキングであることがわかります。
posted by dncerr at 23:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。