2011年10月30日

社交ダンスの種類

社交ダンスは、スタンダードダンス(モダンダンス)と、ラテンアメリカン(ラテンダンス)に大きく分けることができます。


社交ダンスのうち、スタンダードダンスは、男女が向き合って組んだまま踊るもので、ワルツ、タンゴ、スロー・フォックストロット、クィックステップ、ウィンナー・ワルツの5種類があります。ラテンアメリカンは、組んだり離れたりすることの多い、自由な動きを楽しむダンスで、ルンバ、チャチャチャ、サンバ、バンドブレ、ジャイブの5種類があります。


社交ダンスの競技が行なわれるときはこの10種類で競われますが、これ以外にもパーティダンスとしてブルース、ジルバ、マンボなどがあります。


社交ダンスの種類の名前だけ聞いてもなかなかイメージしにくいかもしれませんが、それぞれに特徴的な音楽があり、たいていの人はダンスよりも音楽のほうがなじみが深いかもしれません。
posted by dncerr at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。